当院が考える無痛(和痛)分娩とは・・

和痛ソフロロジー

 

当院が考える無痛(和痛)分娩とは・・

お産の痛みを完全になくすわけではなく、許容範囲の痛みにまで痛みを和らげることで、妊婦さんの陣痛・分娩に対する恐怖をとりのぞき、スムーズなお産をサポートする方法です。

痛みの程度は、個人差や薬剤量によって、無痛~和痛までさまざまです。
分娩時の疲労も少ないため産後の回復も早いと言われています。

当院では、その痛みや苦しみを減らす方法として「硬膜外麻酔」や「麻酔ガス」を用いております。

当院ではソフロロジー式分娩法を中心に、患者様のニーズに合わせたより

安全なお産を目指して色々取り組んでおります。

自分に合わせた分娩法を一緒になって考えましょう。

 

クリニックの分娩法の種類

1)       ソフロロジー式分娩法

  この分娩法の特徴は、より自然なお産を目的として呼吸法と精神的・

肉体的なリラックスを取り入れ、自分自身をコントロールし、陣痛を

単なる痛みとして捉えるのでなく、赤ちゃんとの出会うための大切な

パワーとして、むしろ喜びと感じることにより、無痛の方向に変化さ

せる事を目標としております。これは自立分娩の一つで精神的にも充

実し、それによって母性を育み、育児にも繋がっていきます。

2)無痛(和痛)分娩法

  無痛(和痛)分娩は完全に産痛を止めるのではなく、子宮の収縮をある程度の

弱い痛みを感じ、それによって腹圧(きばる力)かけるためのタイミ

ングをとります。それによって意識的にも出産の喜びを感じていただ

きます。お産の経過においても産道を柔らげ、スムーズな経過をもた

らす事にもなります。

    無痛(和痛)分娩法 ⇒ 陣痛の苦痛からの解放

            ↓

分娩からの疲労を軽減 ⇒ 産後の早期回復を促す

※硬膜外鎮痛法

腰椎(背中)の位置で硬膜外にチューブを入れて時間おきに麻酔薬や麻薬を注入して、お産の痛みをを和らげる働きがあります。

<合併症への適用>

妊娠高血圧症候群・妊娠高血圧腎症や、妊娠糖尿病などにより、子宮や胎盤の血流が低下している例では、血流改善効果も期待されています。
また、赤ちゃんの酸素補給も改善されます。
特に、子宮内での赤ちゃんの発育が遅れている場合には、より有効となります。
高血圧を合併している場合には血圧上昇を抑制する効果が期待できます。

 

§  §  §  §  §  §  §  §  §  §  §  §  §  § 

無痛分娩につきましては、別途費用がかかります。
母親教室、バースプラン(院内教室)を受けて頂き、その他、ご相談をさせて頂いてからとなります。

無痛(和痛)分娩法についてのご相談につきましては、ご来院をお願いしております。
HPへのお問い合わせには、少々お時間を頂く事になります。ご了承下さい。

Copyright© 2017 井上産婦人科クリニック All Rights Reserved.